超耐候性フッ素樹脂塗料

豊富な実績を誇るフッ素樹脂塗料
「AGCコーテック(株)」の【ボンフロン®

ボンフロン®は高耐候性フッ素樹脂塗料のため、ランニングコストを大幅に下げることが可能です。 長期にわたる美粧性の保持と、産業廃棄物の削減に貢献できる未来にやさしい塗料です。

ボンフロン®の特徴

フッ素樹脂塗料の用途を限りなく広げた常温乾燥形フッ素樹脂塗料「ボンフロン®

  1. 画期的な高耐候性・耐紫外線

    フッ素樹脂の基本特性である耐候性、耐紫外線性により、塗布面の劣化を防ぎます。このため、長年にわたる素材の保護と、光沢や着色面の美しさの保護が可能で、メンテナンスの周期を大きく伸ばします。

  2. 優れたリコート性

    ボンフロン®は優れたリコート性を持ち、同種塗料による塗り重ね、補修塗装が容易にできます。

  3. 経済性

    耐候性に優れているためメンテナス周期が従来の塗料より飛躍的に伸びます。塗り替えごとの費用 (仮説費+塗装費)を計算すればランニングコストが著しく割安になります。

  4. 耐薬品性(塩害など)

    アルカリ性、酸性などの化学薬品や各種溶剤に対して優れた特性を示し、優れた耐候性とあいまって化学工場や塩害に悩む海岸地域など過酷な条件での利用の効果を発揮します。

塗料の促進耐候性試験

促進耐候性試験
サンシャインウェザオメーターによる促進耐候性試験で、4000時間の暴露に対しても、光沢保持率は10%以下しか低下しません。
これは一般的な塗料試験の評価では、20年たっても90% 以上の光沢を保持するということになります。

ボンフロン®(フッ素樹脂塗料)採用
フッ素樹脂 「ルミフロン」(3F系FEVE)のイメージグラフィック

フッ素樹脂の特徴の高耐候性は、フッ素モノマーのC-F結合エネルギーの大きさが、紫外線エネルギーより大きいことから得られるものです。

3F系FEVEフッ素樹脂「ルミフロン」はフッ素モノマーと塗料化に必要な他モノマーとが規則的に交互配列を作る樹脂です。つまり紫外線に弱いビニルエーテルは紫外線に強いフッ素モノマーに守られています。フッ素モノマーとビニルエーテルを大人・子供で表現すると、子供が手を離さないように大人は子供の手をしっかり握っているのです。

お問い合わせ

化学製品に関するお問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

海外事業部

TEL:03-5218-0155

FAX:03-5218-0158

お問い合わせはこちらへ
PAGE TOP