共栄商事株式会社 キャリア採用サイト

キャリア採用サイト

100年企業の礎を築き、
未来の社会に貢献するために

代表取締役社長
高田 泰治

1947年(昭和22年)創業の共栄商事。70年余りの歩みの中で培ってきた強み、時代の変化に合わせて進化させていること、そして共栄商事だからこそ得られる経験について、代表取締役社長 高田泰治が語ります。

THEME.1

これまでの歴史で培った、
共栄商事のコア
70年余りの歴史を積み重ねてきた最大の理由は何だとお考えですか?
「お客様に満足と感動をお届けする」という理念を掲げて、共栄商事はここまで歩んできました。何ごとにも真面目に取り組む人財の集まりだからこそ、様々な困難を乗り越えながらお取引先との信頼関係を培い、お客様に満足と感動をお届けすることができたのだと思います。
特に中国はこの間、国家体制や社会経済が大きく変化し、日中関係は幾度となく厳しい時代を経験しました。そのような中、国交のない時代から現在まで、中国のお取引先と揺るぎない関係を築き“友人であり続けましょう”という言葉を頂いているのは、当社の大きな財産だと考えています。
海外事業とロジスティクス事業の強みについて教えてください
お客様に誠実に向き合い、上流から下流まで業務の全てを一人が担当する、いわゆる一気通貫型の価値を提供していることです。一般的には営業と購買のそれぞれに担当者がつきますが、当社の海外事業は営業から調達、販売、船の交渉など全てを一人で行います。またロジスティクス事業も、価格交渉から荷役を現場で動かすところまで一人の担当が責任をもちます。
担当者を頻繁に替えないので、このワンストップの対応は、長いお付き合いを通じて評価して頂いていると感じています。
これらの共栄商事のコアは今後も変えてはいけないのか、それとも変えるべきなのか、どうお考えですか?
誠実な仕事を通して時間をかけて信頼を積み上げていく、これは私達の揺るぎない原点です。お客様にお届けする感動とは、日頃の細やかな心がけから生まれます。“そこまでやってくれるんですね” “おっ!やるね”といった言葉が頂けるような、お客様の期待を少しでも上回る心配りが深い信頼につながっていくのだと思います。
一方、一気通貫でお客様に向き合う、いわば個人商店的な仕事の仕方は、強みであると同時に弱みにもなります。100年企業の礎を築くためには、個人商店に磨きをかけるとともに、個人商店同士がさらに連携して、魅力のある商店街をつくる必要があると考えています。
事業戦略で最も力を入れているのは、「しみ出し」を加速することです。「しみ出し」とは、既存の商材やお客様をベースとして、それに近い商材や同業種のお客様に展開を広げていくことです。例えば、商材をよく知る人とお客様をよく知る人がタッグを組み、新たな商材を提供する、これにより連携が深まり新たな視点を獲得しながら成長していけると信じています。

THEME.2

変化が加速する、これからの時代の戦い方
変化のスピードが加速するこれからの時代において、共栄商事が関わるマーケットにはどのような変化が起こるのでしょうか?
米中貿易戦争による中国の位置づけの変化、そして中国が国をあげて進めている「中国製造2025」、直近では新型コロナウイルスによるサプライチェーンの変更の影響が大きいでしょう。需要と供給、モノの流れが変わるので、情勢を捉えて的確に対応する必要があります。強みを活かし変化し続けなければ、貿易商社として生き残ることすら難しい時代だと認識しています。
また、ロジスティクス業界では物流倉庫の大型化やデジタルトランスフォーメーションの進展です。その中で、当社ならではの機動力やチームワークを武器としつつ、IT技術を取り入れてサービスを向上させなければなりません。
そのような環境の中で、共栄商事はどう進化していくお考えですか?
中国の成長スピードやデジタル化の波についていくための体力、そしてビジネスチャンスの変化に対応するための柔軟さ、この両方を併せもつことが重要になります。
新たなビジネスは変化の中から生まれます。そして、生きた情報と接しなければビジネスチャンスは見つかりません。そのためにはアンテナを高くして情報をしっかりキャッチし、俊敏に行動する必要があります。
進化し続けるために、具体的に取り組んでいることはありますか?
外部との接点を増やすことに注力しています。例えばM&A案件や業務提携先の探索を行っています。また、異なる環境で経験を積んだ人財の知見と人脈を活用するため、シニアから若手まで幅広い人財を積極的に迎え入れています。小さくても成功体験を積み重ねることで、社内の連携が促進され、「しみ出し」の加速により前向きな変化につながっていくと確信しています。

THEME.3

これからもお客様に満足と感動をお届けするために
共栄商事だからこそ得られる経験は何だとお考えですか?
個人の力が試される環境で、新たなビジネスの絵を描き、つくり上げる経験は何物にも代え難いものだと思います。自分の力を試したい、個人の強みを生かしながらプロフェッショナル同士で協働したいと考えている方は、やりがいをもって活躍できると思います。
どのような仲間と共に働きたいですか?
「お客様に満足と感動をお届けする」という理念に共感し、自らの力でビジネスを構築する気概とプロ意識をもった人財を求めています。
倉庫、運輸や製造現場をもつ当社にとって、安全の確保は何よりも大事なことです。また、企業人の土台として法令やルールを守ることも最上位に位置付けています。会社の業績は結果であり、目的ではありません。安全とコンプライアンスを最優先したうえで利益を出すという考え方が、100年企業になるためには絶対に必要です。このことに心底から同感してくれる人財に来てほしいですね。
最後に、求職者へメッセージをお願いします
スピーディーに変化する時代の中で、当社の強みを大きなパワーにして、これからも新たな価値を提供していきます。自律して働きたい、そして時代を切り拓きたい、そういう想いをもった方と一緒に働けることを楽しみにしています。
代表取締役社長 高田 泰治
AGC株式会社で人事、労務、化成品営業、グローバルHRなどを担当した後、AGCアメリカ社長に就任し、北米事業の経営、ガバナンスを統括。
2017年から共栄商事代表取締役社長。
PAGETOP