共栄商事株式会社 キャリア採用サイト

キャリア採用サイト

INTERVIEW

自由な社風を追い風に、
自分にしかできない仕事に挑戦する

藤井 旭
海外事業部 第2グループ 2002年新卒入社

中国関連の貿易会社を立ち上げるという夢があり、長年にわたり中国との太いパイプを持つ共栄商事に入社。入社後は主に新規商材を開発・販売する役割を担い、現在では海外事業部第2グループのリーダー代理として、自ら最前線に立ちつつ、後進の育成やチームの管理・運営も行う。中国の出身で、語学力にも強みを持っている。

新たな商材を自分で見つけ、自らの手で販売することができる

金属溶解炉などで使われる耐火煉瓦や耐火モルタルなどの耐火材料、さらにガラス繊維やカーボン繊維を組み合わせた硬質プラスチックなどの複合材料の営業・デリバリー業務を中心に行っています。これらの商品は、当社にとっては新しい領域であり、既存の輸入経路や販路はなく、ほとんどすべてを自分の手で開拓してきました。特に複合材料に関しては、貿易会社として一般的な輸入元と販売先を探す業務だけでなく、材料そのものの開発から携わっているため、思い入れもひとしおです。

当社は自由な社風が魅力の会社ですが、その言葉に偽りはなく、私のように新商品を作ることにもチャレンジすることができます。前例のないことに挑戦するのは簡単ではありませんが、非常に刺激的で、やりがいも大きいですね。

担当ではなく、代表として
誠心誠意お客様と向き合う

日々の仕事に取り組む際、私は「自分が会社の代表である」という意識を常に持つようにしています。新人であれ、ベテランであれ、お客様と相対するのが自分である以上、自分の印象がそのまま会社の印象につながります。新規の商材を取り扱う機会が多い分、予期せぬトラブルやミスがよく起こります。だからこそ有事の際に誠心誠意対応する。トラブルを避けることは難しいかもしれませんが、それによって信頼を失うことは絶対に避けられるはずですので、常に自分で何とかするのだという強い意志を持って仕事に向き合うようにしています。

そしてもう一つ、サプライヤーとお客様の両方を大切にすることも忘れてはいけません。良いサプライヤーが良いお客様を作り、良いお客様が良いサプライヤーを作ってくれるのです。

WORK CONTENT

仕事の内容
サプライヤー開拓
お客様に販売するための商材を開発するサプライヤーを開拓します。優良サプライヤーを見抜くため、現地に直接足を運び、自分の目でしっかりと確かめます。
お客様の開拓
私たちが取り扱う商材を必要としてくれるお客様を開拓していきます。お客様の要望に応じたサプライヤーを新たに開拓することで、新規取引がはじまるケースもあります。
開発現場の視察
新商材開発の際などは、開発現場や材料を採掘する鉱山などに視察に行き、開発状況をつぶさにチェック。品質のさらなる向上を目指します。
受注・デリバリー開始
商材が完成し、お客様との契約も締結したら、いよいよデリバリー開始。しっかりとご満足いただけるよう、アフターフォローにも力を入れて取り組みます。

会社、そして業界を代表する事業を、自分で作り育てていく

耐火材料や複合材料などの商材は、ほとんど私がメインで扱っていましたので、事業の規模としてはまだまだ大きなものではありません。しかし徐々にではありますが確実に、サプライヤーとお客様の数を増やすことができています。この流れを途切れさせず、今後ますます事業を発展させていき、社内はもちろん業界内でも確固たる地位を築けるレベルにまで成長させることができれば嬉しいですね。

また科学や技術が発展するにつれ、耐火材料や複合材料もますます進化しており、商材の幅はこれからも無限に広がっていきます。こうして大きく広がる未来に向けて、より一層の成長を実現するためには、新たな若い力が必要不可欠です。新しいことへの挑戦、自分の限界への挑戦、事業拡大に向けた挑戦など、チャレンジできる要素が無限にあり、刺激的な環境であることは間違いありません。ぜひ私と一緒に、会社に、世界に、新しい価値を届けていきましょう。

OTHER CONTENTS

INTERVIEW
海外事業
飯田 幸治
INTERVIEW
海外事業
藤井 旭
INTERVIEW
海外事業
小川 恵理
INTERVIEW
海外事業
外谷 尊之
INTERVIEW
ロジスティクス事業
中村 俊彦
INTERVIEW
ロジスティクス事業
川島 裕之
PAGETOP